百式改 ~新たな時代の強機体~

百式改の銀図が手に入ったので使ってみた感想を書いてみます。

連邦版テトラ。機体性能は全く同じ。大きな違いとして斉射式とゲロビが同時持ち
出来ないのでメインの武器をどちらにするか決める必要がある。銀図はゲロビが
無いので自動的に斉射式がメインになるが、これが非常に優秀で強力な武器なので
こちらをメインに戦術を組み立てて行く方が強いと思う。

 

ランキング上位のプレイヤ-も斉射式を主軸に据えているので
間違いないでしょう。(汗)

 

武装は強力でもシールドを装備していないので防御面では他の強襲機に劣る。
ビムコがあってもDPまでは削減されないので油断するとあっという間に
落とされる。特にマシンガン系には滅法弱いので単調な動きにならない様に
立ち回りに注意する必要がある。

 

 

評価点

・接近戦が恐ろしく強い機体。タイマンでは余程の事が無い限り負けない。
・360コストとは思えないほど優秀。380コストと同レベルの性能を持つ
・銀図でも使える強機体。金図との差がゲロビだけなので悩む必要が無い^^

 

弱点

・ゲロビと斉射式が同時持ちできない。
・防御力が弱い。
・百式と違い、複数の敵を相手するのが苦手。

 

【オススメ装備】

・斉射式 、右肩バルN、腕部グレF(炸裂)

斉射式と右肩バルを連続でぶち込めば相手は確実に膝をつくので最後に
グレを放って撃破出来る。接近戦仕様。

 

・FAN、斉射式、腕部グレF(炸裂)

中距離戦を重視するならこちらがオススメ。FABRは接近戦にも
対応出来るのでこの装備の方が良いかも。

 

 

【立ち回り】

BRFAから入り、斉射式で動きを止め、グレで止めを刺すパタ-ンがスム-ズに
撃破出来る。ただし、きちんと攻撃を当てて動きを止めないと動き回る敵にグレを
当てるのは意外に難しいので一連の動作に丁寧な操作が要求される。

 

この機体は防御の面で不安があるので変則的な動きを行い、敵の攻撃を
回避する必要がある。初期ジム同様にヘイトが高いので、特に注意が必要。

 

ビムコがあるとはいえDPは全く半減されないので過信は禁物。実弾系武器
特にマシンガンの集中砲火を喰らうと他の機体同様、呆気なく落とされるので
臆病なくらいで丁度いい。

 

複数の敵を相手にするのは厳しいので、乱戦になったら一旦下がって各個撃破を
狙いつつ、一撃離脱を行い、危なくなったらア-マ-とビムコの回復をマメに行う。
これ、非常に重要なポイントです。

 

 

【百式改総評】

久しぶりにまともな強機体が出た感じです。ジ・Oの様にぶっ壊れではなく
きちんとMSを楽しめるし、長所、短所もハッキリしているので良機体だと思う。
今のガンオンに求められているのは百式改の様な機体でしょう。

「時代の推移に合わせて開発された機体」との表記がありましたが
まさにガンオンの現環境にマッチした強機体だと言えます。

出た当初はテトラのミラ-と思いましたが、武器装備の面で
制限があったのでちょっとガッカリしました。

統合整備計画の際にテトラを弱体化するプランを用意したものの結局使えず
この機体に流用して「実装させた」そんな印象を持ちました。

ですが火力インフレが問題になる中で、上手くまとめて作り上げた機体だと
思います。運営がやっとまともな仕事を始めた感じがします。この機体を
お手本にして、今後のMS作成に生かしてほしいですね。

 

 

【追記】一部機体/武器のバランス調整について

2月15日の追加バランス調整後に対象の機体に乗ってみましたが
驚くことに、ほとんどの機体で上方修正が行われていました。

特に2挺持ちの武器が大幅に強化されていました。連射速度が
かなり早くなっていて、十分使える内容です。これは嬉しい誤算でした。
使えない思ったのはジーライン(アサルトアーマー)くらいでした。

ただ、一番楽しみにしていた白魔窟のシールドランチャーの
性能が今一つでした。さすがに黒魔窟と同じだと強くなりすぎるので
運営も考えたようですね。この点だけ残念でした。


コメントを残す